• Kumiko Matsuzaki

塩田千春〜魂がふるえる

魂がふるえる。

その通り、圧倒されて息を飲む。なんだかわからないけれど、グワっと心を掴まれる。

凄い!



圧倒的な数の赤の糸。黒の糸。

重なりクロスし引っ張ら吊るされ。織とも編とも違う糸の世界。衣服は第2の皮膚、体と臓器とつながる。

草間彌生のドットに通じる狂気と迫力。苦しいくらいの空気。

いやもう、見なくてはわからないよね、体感しなくては。





赤い糸の一枚の写真だけネットで見て、これは見なきゃ!と東京。

クリムトもやっているし、ちょうどいい。

ジェットスターの安いチケットを4月に買って待ちわびた6月。


もうね、これだけを見に東京へ行く価値あるよ!


塩田千春 魂がふるえる

森美術館にて






36回の閲覧