• Kumiko Matsuzaki

手作りスピンドル


糸を紡ぐスピンドルは、いろいろなメーカーでいろいろな種類が販売されています。

私が初めて購入したのは、アッシュフォードの定番。30年近く前に買ったのでたぶん1,000円くらいだったと思います。

今は2,000円くらい。

もちろんメーカーで作られているものは計算されていて使いやすいのですが、構造そのものはとても簡単なので手作りするのも面白いです。 子どもたち向けのワークショップでは、体験してもらうのが目的なので、段ボールと割り箸で作ったものを持って行きます。 大人向けのワークでも私が作ったスピンドルで。いつも使うのは low-whorl shaftsと呼ばれるもので重りが下の方についているものです。high タイプとどちらが使いやすいかは好みかな。

今日はちょっと遊んで簡単スピンドルを作ってみました。

使わなくなったCDで。 真ん中の棒はいつも使う直径10mmの丸棒。なかなかいい感じで紡げます。


もうひとつは、いつもの丸い木材と菜箸。

直径は9mmくらい、長さは50cmほどあります。先が細くなっているのでいつものように小刀で削る必要がなくて楽チン。

なかなか安定感があって、こちらもいい感じ。


海外のサイトを見ていると、ベネチアングラスで作ったり、オリジナルのチーク材で作ったりというゴージャスなものもありますね。

棒と重りになるものがあればなんでもいい。石でも粘土でも楽しい。子供たちにも楽しい体験ができそうです。 「コマ」と呼んでいるくらいだから、今度は日本の「駒」で作ってみたいですね♪


0回の閲覧