• Kumiko Matsuzaki

Amuse museam



浅草のAmuse museamへ。

http://www.amusemuseum.com/

あのアミューズが運営する布にまつわる展示館。ボロ布を継ぎ接ぎした昔の衣類がたくさん展示されている。

民俗学者である田中忠三郎のコレクション、そのコレクションを使用した黒澤明監督の乱の衣装の展示も。

展示館としては元々が住居だったビルを改装しているらしく、導線がイマイチでそんなに広くないものだったけれど、興味深い古裂がたくさんあった。

江戸時代から昭和まで、手織り、手縫いが当たり前だった頃は布は大切に使われていて、少しの余り布も継いで新しい服に生まれ変わらせていた。ボロボロになった布も刺し子で丈夫にして使ったり、いろんな工夫もある。

ああ、いつからこんなに贅沢に使い捨てをするようになったのかな、いや、本当に今が贅沢なのかな、など考えさせられる。

おばあちゃんが家族のためにひとつひとつ足袋を縫っていた時の方が豊かだったのかもしれない、でも、それはそれは大変な手仕事。

今の豊さの中にも、世代を受け継いで大切に使われることが必要なんじゃないか、とかね。考えちゃいますよ。




そして屋上展望台からはこんなおまけの夜景。

美しい夜景でした(╹◡╹)




9回の閲覧