• Kumiko Matsuzaki

繭体験


昨日、彩り工房主催で行われた「真綿とカシミヤのフェルトマフラー」の講習。

おまけで繭から真綿を作る体験ができました。


出来上がりが、この角真綿。

これが繭5個分です。へたっぴなのでまんなかがスケスケですが、プロはもちろん綺麗に仕上げます。

繭の中にはさなぎと抜け殻。繭を水の中でほぐしてそっとあけると、さなぎの部屋がでてきます。そのまま、真綿を作る道具を使って広げていくと角真綿ができあがる。

とても繊細で根気がいる仕事ですね。

さて、体験! 虫は苦手、さなぎは虫、、、虫怖い。。。 なんて言ってられない!貴重な時間! と、繭をほぐして指で広げる。 さなぎが出てくる。不思議だなあ、このさなぎがこんな美しい糸を作ってくれる自然の不思議。少しも無駄にできないように思う。




フェルトのマフラーを作る間に、繭についてのトリビアな話をたくさん聞いて、内容盛りだくさんのワークショップでした。ありがとうございました!! フェルトの様子はまた後ほど。

講師は大金晶子先生。 12月に東京で個展を見て、素敵な作品に魅了されたばかりです。その様子はこちらのブログで↓ http://bit.ly/2nHVVTb

#シルク #ワークショップ

21回の閲覧