• Kumiko Matsuzaki

手紡ぎの毛糸の使い道。



くるくるくるくると、かぎ針で輪編みを。

私には珍しい、ちょっとフォークロアっぽいバッグを作りました。 紡いだブルーやグリーンの毛糸を集めて気ままに編んでいってくっつけて紐を編んで。

携帯電話とお財布が入るくらいのバッグです。

手紡ぎの毛糸ってどう使う?

編み物が好きな人は、腕を見せたい、技術を見せたい。

だからプレーンな毛糸で編み込みをしたり変わり編みをしたり。だからプレーンで綺麗なするっとした毛糸を好むと思う。私も昔、アランセーターやアーガイルなんかを編んでいたからそう思う。

もちろん手紡ぎでもするっとした綺麗な毛糸は紡げるけれど、だんだんアートヤーンが楽しくなってクレイジーヤーンみたいにだんだん変な糸に弾みがつく(笑

そういう毛糸はただただ編むだけで可愛い。

私の毛糸は、毛糸の楽しさを楽しんでもらう(変な日本語)そんな毛糸を作りたいと思っている。

となると、単純に編むだけ。

となると、編み物好きの腕を見せたい人には、、、、、ね。

ちょっと編みたいけれど、不器用。

プレーンな毛糸では、つまんない。

ひたすら気分転換に、編みたい。

人と違ったものを編みたい。

そんな人たち向けの毛糸。

ひたすら編むだけで、いろんな素材や色が顔を出す。

編んでいる間が楽しい。何が出てくるかわからない。

ん。

やっぱり、そんな毛糸を作ろう。

と、いうわけで、そんな毛糸で編んだバッグです。

#編み物 #毛糸 #羊

28回の閲覧